白癬菌がその原因|体調の変化は肌にあらわれやすい|気になることは皮膚科で解決

体調の変化は肌にあらわれやすい|気になることは皮膚科で解決

白癬菌がその原因

カウンセリング

感染力が強い

何だか脚が痒いと感じてからそのまま放置していると、やがて水ぶくれが出来たり皮がむけてしまったりすることがあります。そういった場合、白癬菌と呼ばれるカビが原因の水虫である可能性があります。水虫は感染力が非常に強いという特徴があり、人から人へと感染しやすいので放置していると自分だけではなく家族など他人にも被害を及ぼす恐れがあります。初期段階であれば少し痒い程度ですが、そのまま放置していると良くなるどころか症状が進行してしまい皮がむけていって痒みも酷くなってしまいます。水虫は初期段階で正しい治療を行うことで完治させることが出来ます。水虫だからと軽視するのではなく、病院に行って適切な治療を受けることが大切です。

しっかりと乾燥を

感染力が強くて一度なってしまうと厄介な水虫ですが、しっかりと対策を行うことで十分に予防することは可能です。病院に行って治療を受けることも大切ですが、自分でも出来て多くの人が行っているのがしっかりと乾燥させるということです。白癬菌と呼ばれるカビが原因の水虫は、カビが繁殖しやすい高温多湿の場所に発生しやすく足に出来やすいのも靴を履いていて蒸れることが多いからです。そのため、靴を毎日交換してこまめに乾燥させることで十分予防することが出来ます。職場などでは風通しの良いサンダルなどに履き替えるのも効果的です。また、お風呂に入った際には足の指までしっかりと洗い水気を拭き取ることも重要です。その際にはタオルや足ふきマットを使用する度に交換することで家族への感染も予防することが出来ます。