継続した治療が大切|体調の変化は肌にあらわれやすい|気になることは皮膚科で解決

体調の変化は肌にあらわれやすい|気になることは皮膚科で解決

継続した治療が大切

ナース

足の裏や足の指の間に好発するのが水虫です。この水虫は白癬菌と呼ばれるカビの仲間が原因となって生じる皮膚病です。白癬菌そのものはどこにでも存在するありきたりなカビの一種ですが、このカビが足の傷などから角質層内部へと侵入するとやがて皮膚内部で繁殖し水虫となります。かつて水虫は一度かかると一生治らないといわれていたほどしつこい皮膚病です。そのためまずは日常の暮らしの中でしっかりと予防することが重要なのです。しかし水虫の予防はそれほど難しいものではありません。白癬菌が角質層内部へと到達するまでにはおよそ24時間ほど時間がかかると考えられるので入浴の際に丁寧に足を洗えば多くの場合は防ぐことができます。また足には目に見えない小さな傷などができやすい場所なのでスリッパの共有は避けバスマットやバスタオルなどもこまめに交換することが大切です。

一昔前までは一生治らないと言われていた水虫も最近では有効な薬が次々と開発されたことでしっかりと治療を行えば完全に治すことも可能です。この水虫の治療は皮膚科で受けることができます。治療ではイミダゾール系やアリルアミン系をはじめベンジルアミン系やモルホリン系などの薬を症状に合わせて使用することで治療します。これらの薬を使用して治療を行えば一般的な水虫は2ヶ月程度で完治します。水虫治療で大切なことは完治するまではしっかりと皮膚科で治療を続けることです。水虫の症状である痒みなどは薬を使用すれば短期間で治まりますが、白癬菌そのものは角質層にそのまま潜んでいるのでしっかりと駆除することが大切です。治療を途中でやめてしまうとほとんどの場合ですぐに再発してしまうので、医師の許可が下りるまではしっかりと治療を続けるようにしましょう。